プロフィール

星組原理主義SAKAE

Author:星組原理主義SAKAE
1979年神奈川県生まれ。御巣鷹事故の翌年1986年に、当時嫌なイメージがあったJALを敬遠し、生まれて初めての飛行機搭乗はANAで羽田~長崎往復となった。その後外資系航空会社やJAL,JASに乗り、1997年に大阪からの帰りでスカイメイトで11年ぶりにANAに乗った。

その後1999年スカイメイトで大阪往復することになり、JAL、ANAどっちに乗ろうか迷っていたところ、出発2日前に私が当時開設していたウェブサイトで「ana.co.jp」からのアクセスがあり、ANAで行く決意をする。1999年4月5日NH15便搭乗とともにAMC会員デビュー、同年9月にANAカード(VISA)に入会、2003年にはEdy機能つきAMCカードを入手し、2005年1月にNTTドコモの「おサイフケータイ」P506iC購入、同年6月にスルガ銀行ANA支店に口座を開設、2006年から実家のある東京に戻り、そしてANAプラチナ会員資格とSFCをゲットし、現在に至る。
今回胴体着陸したボンバルディアDHC-8-Q400には4回搭乗歴がある。

コメント投稿について
コメント投稿基準は「☆組ウォッチャーとAMC活用日記」にある「コメント投稿上のお願い」カテゴリに準じます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


フリーエリア


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ボンバルディア社による謝罪、言い訳
胴体着陸2年で5件 全日空に情報なし ボンバル機-高知新聞


ANA070317evening04.jpg

高知空港で胴体着陸事故を起こしたボンバルディアDHC8―Q400型の同系統機が過去に海外で7件の胴体着陸を起こしていた問題で、ボンバルディア社(本社・カナダ)は17日未明、7件の内容を明らかにした。このうち4件は2005年4月以降に起きており、今回の事故を含めると約2年で5件という極めて高い頻度。一方、国土交通省は過去のこれらの事例を把握しておらず、同機を就航させている全日空の技術部門も情報を全く持っていなかったことも分かった。全日空は「ボンバル社から情報提供がなかったようだ」としている。

 同シリーズは1985年の就航。過去7件の胴体着陸は87年から今年にかけて発生し、機種は100型5回、Q300型2回だった。事故が起きた場所は中米のカリブ、米国、カナダ、南太平洋、欧州。同社が示した資料には、運航会社や空港名は記されていない。

 7件とも前脚が出ない状態で着陸しており、96年に米国で100型機が起こした事故は、主脚も片方だけしか出ていない状態だった。この時の原因は油圧装置の不具合に加え、パイロットが緊急手動操作を怠ったためとしている。

 このほかの原因は▽実際には前輪が下りていないのに操縦室の表示板が「下りている」と誤作動した▽前脚緩衝装置や前輪のステアリング部分が不具合を起こした▽前輪格納扉の連結アームに高い負荷がかかって変形した―など。高知空港での事故の要因とみられる前輪格納扉のボルト脱落というケースはない。

 同社は、過去7件の事故で負傷者は1人も出ていないと説明。前脚、主脚の全部が機能しなかった胴体着陸は1件もないとしている。

 国交省によると、墜落事故以外の海外の事故情報は基本的に把握するシステムになっておらず、トリニダード・トバゴでの胴体着陸事故(05年4月)だけは高知空港での事故後、一部報道で知ったとしている。

 ボンバル機を大量に就航させている全日空も、ほとんど情報を持っていなかった。トリニダード・トバゴの事例だけは海外の事故情報などを収集する部門がキャッチ。しかしボンバル社とDHC8シリーズの技術改善を共同で行っている技術部門には伝えられていなかった。

 全日空広報室は「7件というのは聞いていなかった。あらためて驚いている」とし、全日空グループのベテラン機長の1人は「(7件の事故は)初めて知った。日本でこれまでに起きた胴体着陸の件数(過去3件)と比べても、多過ぎる。これらの情報が現場に示されていないことに不信感を持つ」と話している。

 【写真説明】胴体着陸で破損した機首部分をすっぽりと白いテントで覆った事故機。テントの中で調査と修理が続いている(17日午前7時ごろ、高知空港)


スポンサーサイト

テーマ : 許されない出来事 - ジャンル : ニュース

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ボンバルディア社による謝罪、言い訳
「けさも15機売れた」 ボンバル社安全性強-高知新聞


 「とても安全な、いい機体。けさも15機の発注を受けた」「事故後、(全日空や日航グループから)購入キャンセルの連絡もない」――16日夕、県庁正庁ホールで記者会見したボンバルディア社(本社・カナダ)のトッド・ヤング副社長(42)らは、「県民におわびする」としていったん頭を深々垂れたものの、「(事故を起こした)Q400型はいい機体」と何度も胸を張った。同社の事故後の対策が極めて乏しいことを指摘されると、「まずは国交省の調査結果を待ってから」の一点張り。不安の中で利用を続ける人々との意識の差をあらわにした。

 会見したのはヤング副社長とバート・クルックシャンク広報担当ディレクター(64)。同日午前に国交省を訪れた後、夕方に空路高知入りした。

 会場に現れたヤング副社長は報道陣ら約50人を前に、まず用意したおわび文を英語で読み上げた。「関係者に多大なご迷惑とご心配を掛け…深くおわび申し上げます」

 通訳を挟みながら、紅潮した顔で手元のメモを読むヤング副社長。クルックシャンク氏とともに立ち上がり頭を下げた。

 しかしその後は機体の安全性をことさら強調する言葉が続いた。

 「(ボンバル社は)世界第3位の旅客機製造をしている。お客さまの安全を守るために決して妥協しないで仕事をしている会社です」

 ヤング副社長らが、Qシリーズの過去の「大事故」として挙げたのは3件。いずれも墜落で、「1件目はバンコク。悪天候が原因。もう一つはヨーロッパ。乗員が原因だった。3つ目はニュージーランドで、これも悪天候が原因」と説明。機体ではなく、乗員や天候など同社以外に原因があることを強調したが、高知空港の事故を含め8件の胴体着陸は、「大事故」ではないとの見方を言外ににおわせた。

 頻繁にトラブルを重ねた揚げ句、大惨事寸前の事故。それでもなお安全だという根拠を問われると、「Q400型は200機受注し、143機が運航している。大きくて有名な航空会社に採用されている。実は、きょうも15機の受注を取ることができた」と話をそらし、胸を張った。

 15機発注したのは米国の大手航空グループ。

 また現在、日本の航空会社から受注しているQ400型の数については、全日空グループが1機、日本エアコミューターが2機とした。また海上保安庁からQ300型の特別機を3機受注。今回の事故後、キャンセルなどは起きていないという。

 約1時間半の会見でにじみ出たのは、「売れていることが安全の証拠」という考え方。最後は「予定があるので」と一方的に席を立って会見を打ち切った。

 【写真説明】胴体着陸事故について会見するボンバルディア社のヤング副社長=左=とクルックシャンク広報担当ディレクター(県庁)

 高知・南国市も全日空に機種変更を要請

 全日空のボンバルディアDHC8―Q400型機の胴体着陸事故を受け、岡崎誠也高知市長は16日、代替機導入と安全確保を求める要請書を同社高知支店の永山丈久支店長に手渡した。

 また、高知空港のある南国市の浜田純市長も同日、全日空の山元峯生社長あてに、代替機導入など徹底した安全対策を求める要請書を同支店を通し提出した。

 ヤング副社長、知事に陳謝

 ボンバルディア社のトッド・ヤング副社長は16日午後、県庁に橋本大二郎知事を訪ね、高知空港での胴体着陸事故について「重大なものと受け止めており、心よりおわびします」と陳謝した。

 知事は「ボンバル機への県民の不安はさらに高まった」「高知―大阪線は大切な路線。県民にはボンバル機しか選択肢がない。事故の原因究明と抜本的な改善策を取ってほしい」と要請した。

テーマ : 許されない出来事 - ジャンル : ニュース

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ボンバルディア社による謝罪、言い訳
故機見ず副社長離高 ボンバルディア社-高知新聞


高知空港で自社製造のDHC8―Q400型機が胴体着陸事故を起こし、謝罪のため来高していたボンバルディア社(本社・カナダ)のトッド・ヤング副社長(42)らは17日朝、同空港から全日空の東京行き始発便で離高した。空港内で修理中の事故機は見ずじまいだった。

 ヤング副社長とバート・クルックシャンク広報担当ディレクター(64)らは16日午後に空路来高していた。

 17日は、空港ロビーが開く午前6時40分すぎに姿を見せた。同副社長は、「事故機を見るのか」と報道関係者に問われると、「高知には謝罪のために来た」「事故機は自社の整備技術者が調査中だ」と、自らはその立場にないことを説明した。

 記者たちとのやり取りは1、2分。2人は「グッバイ」と言い残して搭乗待合室へ。そのまま午前7時40分発の始発便へ乗り込んだ。

 一緒に来高していた同社の販売代理店「双日」関係者によると、「ヤング副社長は事故現場にいるよりも、カナダ本社で全体を見渡して指示を出す立場の人」と説明した。

 月2回は出張で大阪に行くという40代の女性会社員は「(ボンバル機)あまりにも問題が多い。胴体着陸事故はいつ起きてもおかしくなかった。ちょっといいかげんすぎる」。

 またヤング副社長と同じ便で東京に向かった須崎市の男性会社員(54)は「採算よりも安全第一でやってほしい。大勢の人の命を運んでいるのだから、基本の安全を第一にしてほしい」と話した。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ボンバルディア社による謝罪、言い訳
ボルト脱落は初…ボンバル機胴体着陸7件の概要-読売新聞


全日空のボンバルディアDHC8―Q400型機が高知空港に胴体着陸した事故にからみ、ボンバルディア社は17日、過去に同型機を含むDHC8シリーズ機で起きた7件の胴体着陸事故の概要を明らかにした。

 原因は部品の変形など機体の不具合が4件、操縦士の操作ミスが1件、前輪格納部分の凍結が1件、不明が1件で、今回のようなボルト脱落は前例がないという。

 同社によると、シリーズ機の胴体着陸は1987年から今年にかけて米国やカナダで起きた。負傷者などはないという。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ボンバルディア社による謝罪、言い訳
ボンバル社副社長が国交省で謝罪、調査協力の意向-読売新聞


高知空港で全日空のボンバルディアDHC8―Q400型機が前輪を下ろせずに胴体着陸した事故を巡り、カナダ・ボンバルディア社のトッド・ヤング副社長らが16日、国土交通省を訪れ、事故について謝罪、事故調査などで協力する意向を伝えた。

 記者会見したヤング副社長は、「乗客や関係者にご心配やご迷惑をおかけしたことを深くおわびする」と述べた。

 また、「DHC8」型機の就航が始まった1980年代以降、同型機で前輪が出ず胴体着陸する事故が世界で7件起きていたことを明らかにした。

 ボルトが脱落して、格納ドアが開かず前輪が出なかったケースは、前例がないとしている。

↑今回のようなケースは前例がないとしても、ここ20年DHC-8シリーズの胴体着陸の事例が明らかにされなかったのは残念です。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

| BLOG TOP |

copyright © ANAボンバルディアDHC-8-Q400胴体着陸まとめ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。