プロフィール

星組原理主義SAKAE

Author:星組原理主義SAKAE
1979年神奈川県生まれ。御巣鷹事故の翌年1986年に、当時嫌なイメージがあったJALを敬遠し、生まれて初めての飛行機搭乗はANAで羽田~長崎往復となった。その後外資系航空会社やJAL,JASに乗り、1997年に大阪からの帰りでスカイメイトで11年ぶりにANAに乗った。

その後1999年スカイメイトで大阪往復することになり、JAL、ANAどっちに乗ろうか迷っていたところ、出発2日前に私が当時開設していたウェブサイトで「ana.co.jp」からのアクセスがあり、ANAで行く決意をする。1999年4月5日NH15便搭乗とともにAMC会員デビュー、同年9月にANAカード(VISA)に入会、2003年にはEdy機能つきAMCカードを入手し、2005年1月にNTTドコモの「おサイフケータイ」P506iC購入、同年6月にスルガ銀行ANA支店に口座を開設、2006年から実家のある東京に戻り、そしてANAプラチナ会員資格とSFCをゲットし、現在に至る。
今回胴体着陸したボンバルディアDHC-8-Q400には4回搭乗歴がある。

コメント投稿について
コメント投稿基準は「☆組ウォッチャーとAMC活用日記」にある「コメント投稿上のお願い」カテゴリに準じます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


フリーエリア


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
「日航事故、脳裏よぎった」=乗客ら緊張の2時間-ボンバルディア胴体着陸・高知 - 時事通信


「日航機墜落事故が脳裏をよぎった」「腹をくくらねば」-。13日午前、前輪が出ないまま高知空港に胴体着陸した全日空のボンバルディア機。着陸予定時間から約2時間、乗客56人は緊張を強いられた。「ガン、ガン、ガン」。着陸時の衝撃音とともに最高潮に達した恐怖は、即座に安堵(あんど)に変わった。
 機長(36)が、異常を最初に同空港管制塔に知らせたのは同日午前8時50分。「ノーズギア(前輪)にトラブルが発生した可能性がある」。前輪が出ず着陸できない緊急事態の発生だ。
 着陸予定時刻は同8時55分。これを20分ほど過ぎた同9時15分ごろ、機長が「前輪が下りません」「着陸までしばらくお待ち下さい」とアナウンス。乗客は初めて事態を知らされた。
 京都市の会社員門前要佑さん(25)は、1985年の日航ジャンボ機墜落事故が頭をよぎったという。「あの事故で知人を失っており、急旋回した時は怖かった」と振り返る。
スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

| BLOG TOP |
<全日空機>現役機長「理想的な着陸」と評価 - 毎日新聞


全日空機が13日、高知空港で胴体着陸した事故で、テレビ中継を見ていたある大手航空会社の現役機長は「映像を見ている限りは理想的な着陸だったと思う」と全日空機の着陸方法を評価した。
 前輪が出ない場合の手順としては、(1)着陸時の火事を招かないために出来るだけ燃料を減らす(2)客室乗務員(CA)が着陸前に乗客を落ち着かせ、心構えを説明(3)着陸する時はできるだけ主脚をハードランディング(強い衝撃を伴う着陸)させ、速度を落とす(4)主脚接地後は、機首を落とさずに水平飛行(5)機首を地面に落とす――などが考えられるといい、この機長は「教科書的な手順に沿っていたと思う」と話した。パイロットはシミュレーターを使って、脚が出ない場合の訓練を行っているという。
 また「主脚が出ない場合は、機体がバランスを崩して滑走路から飛び出す恐れがあるが、前脚の場合はその可能性は小さい」と指摘。前脚が出なかった理由については「脚を作動させる作動油のトラブルなどが考えられるが、実際どうだったかは分からない」と話した。
 ◇前輪は油圧で操作
 航空関係者によると、前脚はブレーキも兼ねる重要な装置。方向の変更だけでなく、収納したり前脚を出す際も油圧によって操作する。操作不能になった場合は、今回の「タッチ・アンド・ゴー」のように、他の車輪を接地させた衝撃で車輪を出すのが操縦の基本。しかし、今回はそれでも車輪が出なかった。
 ◇同メーカー製でトラブル多発は問題
 航空評論家・前根明さんの話 事故は大事に至らなかったが、同じメーカー製の航空機で、これだけ多くのトラブルが続くのは問題だ。事故は航空会社の整備だけでは防ぎきれず、メーカーによる品質管理体制の見直しなどが必要になるだろう。
 ◇油圧系統故障か
 航空評論家の秀島一生さんの話 国内のローカル線で使うには効率的な機種だが、トラブルを繰り返しているだけに全日空は反省すべきだ。前輪が下りない事故では、不十分な角度で降りる例が多いが、今回のように全く下りないことは珍しい。前輪は操縦席のレバーで格納部分に油圧をかけて下ろすが、この油圧系統が故障した可能性がある

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

| BLOG TOP |
機長の技 衝撃最小限 全日空機 - 高知新聞


13日午前、前輪が出ないため胴体着陸した全日空機は、通常の手順通り主脚から接地した後に滑走を続け、ぎりぎりまでスピードを落としてから機首を下げて機体を滑走路につけた。火災が発生することもなく、乗客、乗員にけがはなかった。機体が受ける衝撃をできるだけ抑えようとした機長(36)の技量の高さがうかがえる。

 脚が出ないトラブルの場合、一部の車輪だけを接地させて、その衝撃で脚を下ろそうとする「タッチ・アンド・ゴー」が対応マニュアルに含まれている。今回も試みられたが、前輪は下りなかった。

 脚の上げ下ろしは油圧を使うが、万一の場合、手動でも操作できるようになっている。全日空によると、手動でも前輪が出なかったといい、原因究明のポイントになりそうだ。

 また、胴体着陸前には燃料をできるだけ消費して、着陸時の火災のリスクを減らすことが求められる。トラブルの起きた全日空機は約2時間上空を旋回した後に、着陸した。

 全日空の元機長で航空評論家の前根明さんは「機長はよくやった。手順通りの対応をした」と評価。その上で「この機種はトラブルが続いており、構造、機構上の問題ではないかと思う。メーカーの品質管理に問題があるのではないか」と指摘した。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

| BLOG TOP |

copyright © ANAボンバルディアDHC-8-Q400胴体着陸まとめ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。