プロフィール

星組原理主義SAKAE

Author:星組原理主義SAKAE
1979年神奈川県生まれ。御巣鷹事故の翌年1986年に、当時嫌なイメージがあったJALを敬遠し、生まれて初めての飛行機搭乗はANAで羽田~長崎往復となった。その後外資系航空会社やJAL,JASに乗り、1997年に大阪からの帰りでスカイメイトで11年ぶりにANAに乗った。

その後1999年スカイメイトで大阪往復することになり、JAL、ANAどっちに乗ろうか迷っていたところ、出発2日前に私が当時開設していたウェブサイトで「ana.co.jp」からのアクセスがあり、ANAで行く決意をする。1999年4月5日NH15便搭乗とともにAMC会員デビュー、同年9月にANAカード(VISA)に入会、2003年にはEdy機能つきAMCカードを入手し、2005年1月にNTTドコモの「おサイフケータイ」P506iC購入、同年6月にスルガ銀行ANA支店に口座を開設、2006年から実家のある東京に戻り、そしてANAプラチナ会員資格とSFCをゲットし、現在に至る。
今回胴体着陸したボンバルディアDHC-8-Q400には4回搭乗歴がある。

コメント投稿について
コメント投稿基準は「☆組ウォッチャーとAMC活用日記」にある「コメント投稿上のお願い」カテゴリに準じます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


フリーエリア


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ボンバルディア機への不安に関する記事
ボンバル機への不安訴える=「会社は整備士確保を」-乗員組合 - 時事通信


 高知空港の胴体着陸事故で、ボンバルディア機を運航する全日空グループの乗員組合は15日、国土交通省で記者会見し、「会社側は整備士を確保して各空港に配置すべきだ」と訴えた。
 会見したエアーニッポン乗員組合の中島信介副委員長は「前輪以外にもさまざまな問題を抱えている機体」と不安を強調。「ボンバルディア社は歴史が浅く、品質向上が遅々として進まなかったのが事故原因だ」と話した。 
スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ボンバルディア機への不安に関する記事
全日空機・胴体着陸:ボンバル機、運航再開 入り交じる不安とあきらめ /兵庫-毎日新聞


◇大阪空港の利用客ら「航空会社信じるしか」
 全日空機の胴体着陸事故から一夜明け、14日に運航が再開された大阪―高知便。事故機と同型のボンバルディア社製だが、仕事などで利用せざるを得ない人も多く、乗客は不安とあきらめが入り交じった表情を浮かべていた。
 13日に高知発関西国際空港着の便で大阪を訪れた高知県黒潮町の会社員、西坂法彦さん(40)は「カツオのたたきを販売する仕事で大阪に来た。日帰りの予定だったが、高知空港の閉鎖で帰れなかった。週1回、高知と大阪を往復するが、欠航することが多く不安だった。きちんと機体を整備して、事故原因を究明してほしい」と注文をつけた。
 大阪府枚方市の会社員、中野直樹さん(39)は「テレビで胴体着陸の様子を見て、不安はある。家族も『気をつけてね』と言っていたが、仕事の都合でどうしても乗る必要がある。航空会社を信じるしかない」とため息をついた。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

| BLOG TOP |

copyright © ANAボンバルディアDHC-8-Q400胴体着陸まとめ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。