プロフィール

星組原理主義SAKAE

Author:星組原理主義SAKAE
1979年神奈川県生まれ。御巣鷹事故の翌年1986年に、当時嫌なイメージがあったJALを敬遠し、生まれて初めての飛行機搭乗はANAで羽田~長崎往復となった。その後外資系航空会社やJAL,JASに乗り、1997年に大阪からの帰りでスカイメイトで11年ぶりにANAに乗った。

その後1999年スカイメイトで大阪往復することになり、JAL、ANAどっちに乗ろうか迷っていたところ、出発2日前に私が当時開設していたウェブサイトで「ana.co.jp」からのアクセスがあり、ANAで行く決意をする。1999年4月5日NH15便搭乗とともにAMC会員デビュー、同年9月にANAカード(VISA)に入会、2003年にはEdy機能つきAMCカードを入手し、2005年1月にNTTドコモの「おサイフケータイ」P506iC購入、同年6月にスルガ銀行ANA支店に口座を開設、2006年から実家のある東京に戻り、そしてANAプラチナ会員資格とSFCをゲットし、現在に至る。
今回胴体着陸したボンバルディアDHC-8-Q400には4回搭乗歴がある。

コメント投稿について
コメント投稿基準は「☆組ウォッチャーとAMC活用日記」にある「コメント投稿上のお願い」カテゴリに準じます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


フリーエリア


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
※これらの質問、回答は「Yahoo!知恵袋」、 「教えて!goo」といった質問サイトにあるANAマイレージクラブ関連の基本的な質問を集めています。一部私の補足、修正がありますがご了承下さい。
(検索キーワード:DHC-8、ボンバルディア)

先日高知空港で事故を起こした飛行機の登録番号は何番ですか?
→JA849Aです。

ボンバルディア機というのは どこの国の生産ですか?
→カナダです。昔はデ・ハビラント・カナダ飛行機会社という会社でした。型番のDHCというのは、某翻訳会社や化粧品会社ではなく、デ・ハビラント・カナダの略称です。

胴体着陸したボンバルディアDHC8を使っている航空会社はANAと他にどこがありますか?
→日本エアーコミューター、琉球エアーコミューター、オリエンタルエアブリッジ、天草エアラインが使用しています。今回の事故を受けて、他社でも同型機のギアを点検しました。

飛行機のプロップ機材とは何ですか?詳しく教えてください。またメリット・デメリットも教えてください!
→プロペラ機は主に二種類あります
・レジプロ(セスナなど、エンジンは車と同じ感じ)
・ターボプロップ(今主流。DHC-8やF50、YS-11など)

ターボプロップは、ジェットエンジンにプロぺラをつけるような感じです。スピードが速いのが特徴ですね。

普通に定期路線で開設している客席数が数十席のはほとんどがターボプロップです。

ボンバルディア機の故障やトラブルの報道が多いですが導入前にある程度の予想はたてれそうです。導入には政治的力が働いたと思えるんですが、どうなんでしょう?
→数字だけ見るととても優秀な飛行機なんですよ。低燃費、低騒音、プロペラ機の中ではトップレベルのスピード、短距離離発着が可能で小さな空港でも運用可。あとこのクラスでは世界でもっともたくさん飛んでいるという実績もあります。

数字以外の面でも、ボンバルディア機(DHC-8)は100シリーズから始まって200.300.400と進化してきてますが、機体が進化しても整備や乗員訓練は流用が可能ですので航空会社にとっても都合がいいんですね。

乗務員の間からは不満も出てきてるそうですが、導入時は上の人間が決める事ですから現場の人間が口をはさむことなんてできなかったのでしょう。

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 飛行機 - ジャンル : 趣味・実用

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:過去の海外での事故
就航以来全世界でトラブルが何件も起きたDHC-8シリーズですが、Wikipedia英語版では「Ansett New Zealand Flight 703」としてDHC-8シリーズのトラブルを紹介しています。アンセットニュージーランド航空は現在はカンタスニュージーランドです。

Airliners.netの同型機と思しき画像-DHC-8-100型機

事故概要
1995年6月9日、オークランド発パーマストンノース行きアンセットニュージーランド航空703便(登録記号ZK-NEY)がパーマストンノース空港東16km地点に墜落しました。当時は悪天候でした。当時は乗客18人、乗員3人が乗っていて、全員ニュージーランド人でした。

着陸態勢に入った際、右側の脚が降りず副操縦士が手動で油圧ポンプを用いて降ろそうとしましたが、完全に降ろすことが出来ませんでした。

機体は丘の頂上の上に墜落して、バラバラになりました。そして、客室乗務員と3人の乗客が死亡し、他の乗員・乗客は怪我を負いました。

何と過去に死亡事故まで起きていることを胴体着陸のときマスコミは報じませんでした。しかも原因は胴体着陸のときと似ている「ランディングギアが降りない」(前脚と後脚の違いですが)ということでやはりDHC-8シリーズは全世界でランディングギア関係のトラブルをどこらしかで起こしていることになります。

その他2005年3月24日にヨーロッパのマン島で操縦士のエラーで墜落事故が起きたらしいですが、詳細が載っていません(「de Havilland Canada Dash 8」)より。この事故について、そしてニュージーランドの事故についてご存知の方いましたらお願いします。

テーマ : とっても気になる事 - ジャンル : ニュース

| BLOG TOP |
トラブル続発のボンバルディア機 それでも続く導入-朝日新聞
Q400618.jpg
高知空港で胴体着陸事故を起こしたカナダ・ボンバルディア社製DHC8―400型機のトラブルが止まらない。国土交通省によると、今年度に入ってすでに11件と、前年度の30件よりハイペースだ。航空会社は検査員を増やし、部品改良を求めるなど対策に追われている。それでもコストや人員の問題から、同型機の導入が続く。

 「改良型の発電機はいつ届くのか」。今月上旬、国土交通省で開かれたカナダ航空局やボンバルディア社と日本側との対策会議で、日本航空グループの日本エアコミューター(JAC)の担当者は訴えた。発電機の故障で、今年度に入ってすでに3件の引き返しが起きている。「下請けメーカーが改良型部品を製造している」というボ社に「数は十分あるのか」と、鈍い対応に質問が相次いだ。

 国交省によると、このほか気象レーダーや客室ドアなど、前年度同様の個所で今年度もトラブルが続いている。今年3月13日には、前脚が出なくなった全日空機が高知空港で胴体着陸した。事故後、点検を強化したが、対象は安全に直結する重要機器が主体で、「頻発するトラブルは安全には影響ない」と国交省。しかし、トラブルのたびに引き返しや目的地変更が起きている。改良部品への交換がすべて済むまで、ボ社は「まだ1年半かかる」と説明しているという。

 だが、JACは5月、DHC8―400型の新造機を1機受け取った。同社としては10機目。今秋にはさらにもう1機を受け取る予定だ。

 今回の受け取りに当たり、JACはトロントにあるボンバルディア社の工場で、通常は主に受け取り3週間前から派遣する検査員を事故直後から出し、人数も7人と、2人増やした。

 「完成後に点検していたのを、組み立て中からチェックしてきました」と品質検査グループの中川勝也さん(38)は話す。ボ社によると事故後、工場内に世界各地で起きた不具合を知らせる掲示板を置き、問題が分かれば工場内すべての機体を再点検している。

 しかし、工場での品質向上が機体に現れるまでには時間がかかる。高知事故が起きた時、新造機はすでに着陸脚など主要部品の取り付けが終わっていた。頻発している不具合への対策も、大半が間に合わなかった。

 それでも「使い続ける」と、福田耕太郎・整備管理部長は言う。「機種を変更すると、整備士やパイロットなどを最初から養成し直さなければならない」からだ。

 4月、フランス・トゥールーズに本社がある航空機メーカーATR社の幹部が来日した。JACや全日空を訪れ、「我が社の機体はボンバルディアよりも性能がいい」と売り込んだ。

 DHC8―400型のライバルがATR72型だ。航空評論家の青木謙知さんによると、座席数や機体の大きさはほぼ同じで、速度はボンバルディアの方が速く、乗り心地や就航率はATRがわずかに上回るという。

 しかし、日本ではまだ1機も売れていない。ATR72は94年に米国で墜落事故を起こしたのが影響したといわれる。「一度先を越されると巻き返しが大変」とATRの担当者。導入済みの機体の方が部品や情報が手に入りやすく、国の審査にも受かりやすいという。


参考ブログ「部分と全部-安全より経済性を優先する航空業界」

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:胴体着陸後のDHC-8シリーズのトラブル
佐賀でボンバル機欠航 無線機故障-西日本新聞(6/13)
13日午前9時10分ごろ、佐賀発大阪(伊丹)行き全日空1654便ボンバルディアDHC8‐400型(乗客乗員26人)が離陸前に無線機が故障、欠航した。22人の乗客の大半は佐賀空港からタクシーとJRを乗り継ぎ大阪に向かった。同社によるとエンジン始動直後、無線機の電源が切れ管制塔などと交信できなくなったという。


無線機故障って今度は新しいトラブルでも発生したのでしょうか。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:胴体着陸後のDHC-8シリーズのトラブル
沖永良部行きJAC機、発電機不具合示し引き返す-読売新聞(6/6)
5日午前8時25分ごろ、鹿児島発沖永良部行き日本エアコミューター(JAC)3801便(ボンバルディアDHC8―Q400型機)で、発電機の不具合を示す操縦室内の警告灯が点灯した。沖永良部空港に整備士がいないことなどから、機長は引き返しを決め、同8時50分、鹿児島空港に着陸した。乗客29人、乗員4人にけがはなく、乗客は別便に乗り換えるなどした。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ついに対策会議実施
トラブル相次ぐボンバルディア機、担当者集め対策会議-読売新聞
 今年3月に高知空港で胴体着陸事故を起こすなどトラブルが相次いでいるボンバルディアDHC8―Q400型機の安全対策会議が6日、東京・霞が関の国土交通省で始まった。

 会議は7日までの日程で、同省のほか、カナダ航空局、ボンバルディア社、同型機を運航している国内航空会社の担当者らが出席。ボンバルディア社が品質の向上や設計の見直しなどについて、これまで行ってきた取り組みや今後の方向性を報告するほか、国内航空会社による今後のトラブル対策などを話し合う予定。

 同型機では2003年以降、これまでに機材の不具合などによるトラブルが全国で約80件起きている。

テーマ : ニュース - ジャンル : ニュース

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:胴体着陸後のDHC-8シリーズのトラブル
新潟行きボンバル機、異常で引き返す 大阪空港-朝日新聞(6/2)
2日午前8時13分ごろ、大阪(伊丹)発新潟行きの日本エアコミューター2241便(ボンバルディアDHC8―402型、乗客乗員54人)で、離陸直後に左側エンジンの発電機の不具合を示す警告灯が点灯した。同便は大阪空港に引き返し、約1時間後に到着した。乗客乗員にけがはなかった。同社が原因を調べている。同便は欠航し、乗客は別の便に振り替えた。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:そしてついに事故機伊丹で修理へ!
ボンバル機を本格修理=損傷の外板を張り替え-時事通信(6/1)
DHC7545475.jpg
 全日空のボンバルディアDHC8-Q400型機が胴体着陸した事故で、同社は31日、大阪空港(伊丹)の格納庫で機体の本格的な修理を始めた。同機はこの日、事故が起きた高知空港から自力飛行してきた。今後3、4カ月程度で傷ついた機体の外板を張り替えるなどの修理を完了させ、再就航させる予定。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

| BLOG TOP |

copyright © ANAボンバルディアDHC-8-Q400胴体着陸まとめ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。