プロフィール

星組原理主義SAKAE

Author:星組原理主義SAKAE
1979年神奈川県生まれ。御巣鷹事故の翌年1986年に、当時嫌なイメージがあったJALを敬遠し、生まれて初めての飛行機搭乗はANAで羽田~長崎往復となった。その後外資系航空会社やJAL,JASに乗り、1997年に大阪からの帰りでスカイメイトで11年ぶりにANAに乗った。

その後1999年スカイメイトで大阪往復することになり、JAL、ANAどっちに乗ろうか迷っていたところ、出発2日前に私が当時開設していたウェブサイトで「ana.co.jp」からのアクセスがあり、ANAで行く決意をする。1999年4月5日NH15便搭乗とともにAMC会員デビュー、同年9月にANAカード(VISA)に入会、2003年にはEdy機能つきAMCカードを入手し、2005年1月にNTTドコモの「おサイフケータイ」P506iC購入、同年6月にスルガ銀行ANA支店に口座を開設、2006年から実家のある東京に戻り、そしてANAプラチナ会員資格とSFCをゲットし、現在に至る。
今回胴体着陸したボンバルディアDHC-8-Q400には4回搭乗歴がある。

コメント投稿について
コメント投稿基準は「☆組ウォッチャーとAMC活用日記」にある「コメント投稿上のお願い」カテゴリに準じます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


フリーエリア


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:参考ブログ記事
ここでは、ANAのボンバルディアDHC-8-Q400胴体着陸に関する参考となるブログ記事を紹介します。

ボンバルディアDHC8-Q400胴体着陸事故について少し考えてみました(ジルルカさん)
Q400の機体概要からこの事故におけるパイロットの判断、更に「大型機は安全か?」など色々問いかけている記事です

ボンバルディア DHC-8 Q400 事故(3/13)   (書評とたわごと)
日本の旅客機 2006-2007の書評をしています。この本にQ400について書いてあるのですが、「機体不具合によるイレギュラー運行が頻発しており」しか記述されてないようです。



ボンバルひどすぎ (きけしゃん)
ボンバルディアへの怒りをぶつけている記事です。

ANAボンバルディアDHC-8-Q400型機胴体着陸まとめ記事 (☆組ウォッチャーとAMC活用日記)
私のブログ内にあるQ400関連の記事です。「重くなってしまった」のでこのブログを新設しました。

ボンバルディアDHC8-Q400型の事故  (未来から見た過去に生きる)
日本の航空機業界は政府との癒着が激しいことまで記述されてます。

それでもボンバルディア機に乗れますか?   (かきなぐりプレス)
時事問題に色々とコメントしている記事を書いているこのブログ、Q400胴体着陸についてももちろんあります。「小さい事故やミスの積み重ねが、やがて大事故を引き起こす」。これは2005年のJALトラブル問題の時も同じようなことを言ってました。

胴体着陸 (■■カナダへの航空留学■■)
ボンバルディア社のお膝元、カナダにあるパイロットスクールのブログで、関係者(?)の視点でこのDHC-8シリーズについての座談記事を掲載しています。

(追加5/24)
雑記帖(命を運ぶ乗り物と管理責任)  (小天狗乃森羅万象図書館)
大阪のエキスポランドで発生したジェットコースター事故と同列にこの胴体着陸事故を考え、「即刻、廃棄処分にすべきだ」と苦言を呈していることを明示している記事です。

(追加5/26)
またですねぇ。DHC8 Q400 (ひこうき 飛行機 飛機 ヒコウキ 旅のそら転々の日々2 )
「Q400のトラブルの原因は機体構造の問題というより、艤装上の問題が何かあるのでは」と問いかけています。

ブログではありませんが
あわや大惨事 いいかげんにしろ欠陥ボンバルQ400 三菱重工が共同製造 直ちに運航停止を (高知民報)
高知県議会で議論されていること、三菱重工と双日が製造に関わっていることまで記述されています。


スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ANAボンバルディアDHC-8-Q400胴体着陸まとめ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。