プロフィール

星組原理主義SAKAE

Author:星組原理主義SAKAE
1979年神奈川県生まれ。御巣鷹事故の翌年1986年に、当時嫌なイメージがあったJALを敬遠し、生まれて初めての飛行機搭乗はANAで羽田~長崎往復となった。その後外資系航空会社やJAL,JASに乗り、1997年に大阪からの帰りでスカイメイトで11年ぶりにANAに乗った。

その後1999年スカイメイトで大阪往復することになり、JAL、ANAどっちに乗ろうか迷っていたところ、出発2日前に私が当時開設していたウェブサイトで「ana.co.jp」からのアクセスがあり、ANAで行く決意をする。1999年4月5日NH15便搭乗とともにAMC会員デビュー、同年9月にANAカード(VISA)に入会、2003年にはEdy機能つきAMCカードを入手し、2005年1月にNTTドコモの「おサイフケータイ」P506iC購入、同年6月にスルガ銀行ANA支店に口座を開設、2006年から実家のある東京に戻り、そしてANAプラチナ会員資格とSFCをゲットし、現在に至る。
今回胴体着陸したボンバルディアDHC-8-Q400には4回搭乗歴がある。

コメント投稿について
コメント投稿基準は「☆組ウォッチャーとAMC活用日記」にある「コメント投稿上のお願い」カテゴリに準じます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


フリーエリア


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:そしてついに事故機伊丹で修理へ!
高知空港胴体着陸のボンバル機、9月にも路線復帰へ-朝日新聞
高知空港で3月に胴体着陸事故を起こした全日空ボンバルディア機(DHC8―400型)について、全日空は9日、高知県庁で記者会見し、早ければ9月下旬にも路線に復帰させる方針を示した。どの路線を運航するかは未定。5月下旬~6月上旬に高知空港から大阪(伊丹)空港へ飛行させ、同空港で9月下旬までかけて本格的に修理するという。同社広報室は「修理の可否や機体の売却、廃棄も検討した結果、修理可能で、安全性も確実に担保できると判断した」としている。

 同社によると、高知空港で機体の損傷部分を確認したところ、機体下部と前輪などが破損していた。高知空港で14日から今月下旬までに応急処置として、機体下部を幅約70センチ、長さ約140センチのジュラルミン製の板で補強し、前輪を新しいものに交換する。

 前輪を出した状態で大阪空港まで飛ばし、損傷した機体下部を約3.5メートルにわたって交換するなど、路線復帰に向けた本格修理を施す。9月下旬にすぐ復帰させるか、予備機とするかはその時点の需要計画で判断する。


廃棄(・A ・)イクナイ!

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ANAボンバルディアDHC-8-Q400胴体着陸まとめ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。