プロフィール

星組原理主義SAKAE

Author:星組原理主義SAKAE
1979年神奈川県生まれ。御巣鷹事故の翌年1986年に、当時嫌なイメージがあったJALを敬遠し、生まれて初めての飛行機搭乗はANAで羽田~長崎往復となった。その後外資系航空会社やJAL,JASに乗り、1997年に大阪からの帰りでスカイメイトで11年ぶりにANAに乗った。

その後1999年スカイメイトで大阪往復することになり、JAL、ANAどっちに乗ろうか迷っていたところ、出発2日前に私が当時開設していたウェブサイトで「ana.co.jp」からのアクセスがあり、ANAで行く決意をする。1999年4月5日NH15便搭乗とともにAMC会員デビュー、同年9月にANAカード(VISA)に入会、2003年にはEdy機能つきAMCカードを入手し、2005年1月にNTTドコモの「おサイフケータイ」P506iC購入、同年6月にスルガ銀行ANA支店に口座を開設、2006年から実家のある東京に戻り、そしてANAプラチナ会員資格とSFCをゲットし、現在に至る。
今回胴体着陸したボンバルディアDHC-8-Q400には4回搭乗歴がある。

コメント投稿について
コメント投稿基準は「☆組ウォッチャーとAMC活用日記」にある「コメント投稿上のお願い」カテゴリに準じます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


フリーエリア


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:過去の海外での事故
就航以来全世界でトラブルが何件も起きたDHC-8シリーズですが、Wikipedia英語版では「Ansett New Zealand Flight 703」としてDHC-8シリーズのトラブルを紹介しています。アンセットニュージーランド航空は現在はカンタスニュージーランドです。

Airliners.netの同型機と思しき画像-DHC-8-100型機

事故概要
1995年6月9日、オークランド発パーマストンノース行きアンセットニュージーランド航空703便(登録記号ZK-NEY)がパーマストンノース空港東16km地点に墜落しました。当時は悪天候でした。当時は乗客18人、乗員3人が乗っていて、全員ニュージーランド人でした。

着陸態勢に入った際、右側の脚が降りず副操縦士が手動で油圧ポンプを用いて降ろそうとしましたが、完全に降ろすことが出来ませんでした。

機体は丘の頂上の上に墜落して、バラバラになりました。そして、客室乗務員と3人の乗客が死亡し、他の乗員・乗客は怪我を負いました。

何と過去に死亡事故まで起きていることを胴体着陸のときマスコミは報じませんでした。しかも原因は胴体着陸のときと似ている「ランディングギアが降りない」(前脚と後脚の違いですが)ということでやはりDHC-8シリーズは全世界でランディングギア関係のトラブルをどこらしかで起こしていることになります。

その他2005年3月24日にヨーロッパのマン島で操縦士のエラーで墜落事故が起きたらしいですが、詳細が載っていません(「de Havilland Canada Dash 8」)より。この事故について、そしてニュージーランドの事故についてご存知の方いましたらお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : とっても気になる事 - ジャンル : ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



ニュージーランド航空ニュージーランド航空(Air New Zealand)は、ニュージーランドオークランド (ニュージーランド)|オークランド市を本拠地としている主要な定期旅客便航空会社である。ここはヨーロッパ、北アメリカ、及びアジアへのサービスと共に、オセアニア地域に焦


-


管理人の承認後に表示されます



copyright © ANAボンバルディアDHC-8-Q400胴体着陸まとめ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。