プロフィール

星組原理主義SAKAE

Author:星組原理主義SAKAE
1979年神奈川県生まれ。御巣鷹事故の翌年1986年に、当時嫌なイメージがあったJALを敬遠し、生まれて初めての飛行機搭乗はANAで羽田~長崎往復となった。その後外資系航空会社やJAL,JASに乗り、1997年に大阪からの帰りでスカイメイトで11年ぶりにANAに乗った。

その後1999年スカイメイトで大阪往復することになり、JAL、ANAどっちに乗ろうか迷っていたところ、出発2日前に私が当時開設していたウェブサイトで「ana.co.jp」からのアクセスがあり、ANAで行く決意をする。1999年4月5日NH15便搭乗とともにAMC会員デビュー、同年9月にANAカード(VISA)に入会、2003年にはEdy機能つきAMCカードを入手し、2005年1月にNTTドコモの「おサイフケータイ」P506iC購入、同年6月にスルガ銀行ANA支店に口座を開設、2006年から実家のある東京に戻り、そしてANAプラチナ会員資格とSFCをゲットし、現在に至る。
今回胴体着陸したボンバルディアDHC-8-Q400には4回搭乗歴がある。

コメント投稿について
コメント投稿基準は「☆組ウォッチャーとAMC活用日記」にある「コメント投稿上のお願い」カテゴリに準じます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


フリーエリア


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:胴体着陸後のDHC-8シリーズのトラブル
ボンバル機引き返す 客室気圧システムに異状-朝日新聞(5/24)
24日午前11時35分ごろ、大阪(伊丹)発宮崎行きの日本エアコミューター2435便(ボンバルディアDHC8―402型機、乗客乗員78人)が離陸した直後に、客室の気圧を調節する与圧システムの不具合を示す警告灯が点灯した。同便は約25分後に大阪空港に引き返した。機内に目立った異常はみられず、日本エアコミューターは原因を調べる。

 ボンバルディアDHC8―400シリーズを巡っては、3月に全日空機が高知空港で胴体着陸する事故が起きている。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:胴体着陸後のDHC-8シリーズのトラブル
鹿児島発屋久島行きJAC機、オイル漏れで欠航-毎日新聞(5/20)
※リンク先は「航空ネットニュースブログ」
鹿児島空港で18日午後12時半頃、出発前点検中の鹿児島発屋久島行き日本エアコミューター3747便ボンバルディアDHC8―Q400型双発プロペラ機で左翼部車輪格納庫がオイルでぬれているのを整備士が見つけた。
このため屋久島線の2往復計4便が欠航となり、257人に影響が出た。
点検の結果、格納のための油圧パイプに穴が開いており、原因を調べている。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:胴体着陸後のDHC-8シリーズのトラブル
操縦室窓に亀裂生じ、天草エア全便欠航-朝日新聞(5/19)
※リンク先は「航空ネットニュースブログ」
熊本県天草市の天草空港で17日午前7時15分頃、福岡行き天草エアライン101便の飛行前点検中、副操縦士席前面のフロントガラスに亀裂が見つかった。同社はボンバルディア社製DHC8―Q100型機1機で運航しており、パーツ交換のため、天草と福岡、熊本、松山を結ぶ同日の全便運休を決めた。
同社によると、ガラスは縦縦65cm、横95cm、4層コーティングで厚さ1cm。亀裂は左端下の角付近に長さ5cmほど入っていた。
機内の冷暖房などと外気との気温差で生じたもので、人為的なものではないとみている。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:胴体着陸後のDHC-8シリーズのトラブル
ボンバル機が出発取りやめ、大阪空港で前輪ハンドル動かず-読売新聞 (5/12)
12日午後1時30分ごろ、大阪(伊丹)空港で、高知行き全日空1615便(ボンバルディアDHC8―Q400型機)が滑走路に向かい始めたところ、前輪のハンドルが動かなかったため、出発を取りやめた。

 乗客63人は別の機に移り、約1時間後に出発した。全日空で原因を調べている。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:胴体着陸後のDHC-8シリーズのトラブル
ボンバルディア機、不具合ランプ点灯で着陸地変更-読売新聞(5/10)
10日午前11時40分ごろ、大津市の上空約7200メートルで、大阪(伊丹)発大館能代行き全日空1667便(ボンバルディアDHC8―400)の防氷装置の不具合を示すランプが点灯した。

 同便は目的地を変更、1時間後に中部国際空港に着陸した。乗員乗客36人にけがなどはなく、別の飛行機で午後1時55分に大館能代空港に向かった。

 国土交通省中部空港事務所で原因を調べている。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

| BLOG TOP |

copyright © ANAボンバルディアDHC-8-Q400胴体着陸まとめ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。