プロフィール

星組原理主義SAKAE

Author:星組原理主義SAKAE
1979年神奈川県生まれ。御巣鷹事故の翌年1986年に、当時嫌なイメージがあったJALを敬遠し、生まれて初めての飛行機搭乗はANAで羽田~長崎往復となった。その後外資系航空会社やJAL,JASに乗り、1997年に大阪からの帰りでスカイメイトで11年ぶりにANAに乗った。

その後1999年スカイメイトで大阪往復することになり、JAL、ANAどっちに乗ろうか迷っていたところ、出発2日前に私が当時開設していたウェブサイトで「ana.co.jp」からのアクセスがあり、ANAで行く決意をする。1999年4月5日NH15便搭乗とともにAMC会員デビュー、同年9月にANAカード(VISA)に入会、2003年にはEdy機能つきAMCカードを入手し、2005年1月にNTTドコモの「おサイフケータイ」P506iC購入、同年6月にスルガ銀行ANA支店に口座を開設、2006年から実家のある東京に戻り、そしてANAプラチナ会員資格とSFCをゲットし、現在に至る。
今回胴体着陸したボンバルディアDHC-8-Q400には4回搭乗歴がある。

コメント投稿について
コメント投稿基準は「☆組ウォッチャーとAMC活用日記」にある「コメント投稿上のお願い」カテゴリに準じます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


フリーエリア


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ついに対策会議実施
トラブル相次ぐボンバルディア機、担当者集め対策会議-読売新聞
 今年3月に高知空港で胴体着陸事故を起こすなどトラブルが相次いでいるボンバルディアDHC8―Q400型機の安全対策会議が6日、東京・霞が関の国土交通省で始まった。

 会議は7日までの日程で、同省のほか、カナダ航空局、ボンバルディア社、同型機を運航している国内航空会社の担当者らが出席。ボンバルディア社が品質の向上や設計の見直しなどについて、これまで行ってきた取り組みや今後の方向性を報告するほか、国内航空会社による今後のトラブル対策などを話し合う予定。

 同型機では2003年以降、これまでに機材の不具合などによるトラブルが全国で約80件起きている。

テーマ : ニュース - ジャンル : ニュース

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:胴体着陸後のDHC-8シリーズのトラブル
新潟行きボンバル機、異常で引き返す 大阪空港-朝日新聞(6/2)
2日午前8時13分ごろ、大阪(伊丹)発新潟行きの日本エアコミューター2241便(ボンバルディアDHC8―402型、乗客乗員54人)で、離陸直後に左側エンジンの発電機の不具合を示す警告灯が点灯した。同便は大阪空港に引き返し、約1時間後に到着した。乗客乗員にけがはなかった。同社が原因を調べている。同便は欠航し、乗客は別の便に振り替えた。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:そしてついに事故機伊丹で修理へ!
ボンバル機を本格修理=損傷の外板を張り替え-時事通信(6/1)
DHC7545475.jpg
 全日空のボンバルディアDHC8-Q400型機が胴体着陸した事故で、同社は31日、大阪空港(伊丹)の格納庫で機体の本格的な修理を始めた。同機はこの日、事故が起きた高知空港から自力飛行してきた。今後3、4カ月程度で傷ついた機体の外板を張り替えるなどの修理を完了させ、再就航させる予定。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:そしてついに事故機伊丹で修理へ!
胴体着陸のボンバル機、伊丹に空輸へ9月に再就航も-朝日新聞(5/30)
 
高知空港で3月に胴体着陸事故を起こした全日空ボンバルディア機(DHC8―400型)の応急修理が終わり、国交省大阪航空局は29日、同機を大阪(伊丹)空港まで飛行させる空輸許可を出した。全日空は31日午後に同機を移動させて本格的な修理に取りかかり、早ければ9月下旬にも再び就航させるという。

 同機は前脚と主脚を降ろした状態で、高度1万フィート(約3000メートル)以下、時速185ノット(約340キロメートル)以下という制限で自力飛行する。同機は高知空港で胴体着陸の際に滑走路と接触して破損した機体下部を補強したり前輪を取り換えたりするなどの応急修理をした。大阪空港では格納庫で機体下部周辺の部品を交換する。

 事故は前輪の格納扉のロック装置のボルトが脱落していたのが原因とみられ、国交省航空・鉄道事故調査委員会が究明を続けているが、全日空は「部品を交換することで安全性が確保できると判断した」としている。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:そしてついに事故機伊丹で修理へ!
全日空、胴体着陸機の修理開始 高知空港-iza(5/14)
全日空は14日、高知空港で3月に胴体着陸し、駐機したままになっていたボンバルディアDHC8-Q400の修理を同空港で始めた。

 全日空によると、高知空港での作業は約2週間。本格的な修理を行う大阪空港まで飛べるよう、前輪付近に開いた穴をジュラルミン板でふさいだり、交信用のアンテナを取り換えたりする。

 大阪空港には6月上旬までに移送する予定で、3-4カ月かけて機体の損傷部分を丸ごと交換する。修復後は再び旅客機として使う方針で、早ければ9月下旬にも就航させるという。

 14日午前は整備士7人が指さししながら損傷個所を目視で点検した。17日にはボンバルディア社の特別チームも加わり、前輪交換の作業に入る予定。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

| BLOG TOP |

copyright © ANAボンバルディアDHC-8-Q400胴体着陸まとめ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。